​南 窯 みなみがま

​南窯

美濃焼の一大産地 岐阜県土岐市の東部 山あいの町

           駄知町 で

主に、織部、志野、粉引、赤絵、安南風呉須絵 等の

​手づくりの器を製作する工房です。

洋画家を目指していた魚屋のせがれ、父 工藤 陸雄 が

絵を描くかたわら?、はじめたのが南窯の前身 小松陶苑 

という赤絵付けの工房でしたが、それにあきたらず、器の制作にも手を出し、

       南窯   

 

が生まれました。

その後、平成元年より息子 工藤 工 がこの世界に手を染め

しばらくして南窯設立当初よりおこなっていた

鋳込み、動力、という大量生産の形を排除して

ひとつひとつを手づくりでおこなう現在のスタイルになりました。

南窯は、陶芸家の工房というよりは、わかり易く言えば

手づくり陶器のメーカーです。

​つくりて

  • Facebook ブラックアイコン
  • Instagram ブラックアイコン